身長が伸びる方法って?

身長が伸びる方法なんてあるの?

hukdhfs

身長がもう少し高ければと考える人はとても多くいます。アメリカでの研究では、男性は身長が高い方が年収も高く女性に持てるといった研究結果まで発表されていますから憧れだけでなく身長を伸ばすことを考えるのも当然なのかもしれませんね。

身長は伸ばしたいけど実際には、両親の身長も高くないから無理だろうと諦めているという人もいるのではないでしょうか。

確かに身長は遺伝に影響される部分もありますが、これは要因としては25~30%程度と言われていますから、それ以外の要因は生活習慣などが関係してくるということになります。

両親の身長が低いからといっても自分も無理だと諦めてしまう必要はないということですね。

身長を伸ばす方法は実はいくつもありますが、どの方法が良いのかということは人それぞれ合うものというものは違ってきますからはっきりと断言することはできません。

まずは身長を伸ばす方法の基本となることを理解しておきましょう。

身長を伸ばすにはどうしたらいいの?

身長を伸ばすために関係してくるのが、軟骨細胞と肥大軟骨細胞となります。これは成長するというよりも軟骨細胞が増殖することで骨が伸びることにつながってきます。

軟骨細胞の増殖は成長ホルモンであるIGF-1が関係してきますから、成長ホルモンを活発に分泌させることができれば身長が伸びることも夢ではないということになってきます。そのために必要となってくるのがまずは睡眠です。

子供に早く寝なさい、なんてことを言うのは実はとても理にかなっていて深い睡眠をとっているときに成長ホルモンが分泌されますから子供は成長するために重要な時間となります。

睡眠は身長を伸ばす方法でも重要なものとなってきますが、子供は早く寝るようにしてもそれも小学生程度の子供ですね、もっと大きくなってくると重要となってくるのは決まった時間に深い眠りについているかです。

成長ホルモンは夜11から翌日2時の間に分泌されるといわれていますからこのゴールデンタイムに深い睡眠をとるようにすることが大事なポイントとなってきます。

睡眠は、身長を伸ばすというだけでなく脳の成長などにも係わる重要なものとなります。中学生でも7時間は睡眠をとったほうが良いということも言われていますからきちんと睡眠をとるようにしましょう。

身長を伸ばすならおいしいものを食べる!

身長を伸ばす方法はいろいろとありますが、身長が伸びるのに係わってくるのがIGF-1という成長因子となってきます。

IGF-1は成長ホルモンに影響を受けますから、成長ホルモンが良い状態にあればIGF-1も増えてきますから身長を伸ばすことができるということになります。

成長ホルモンを良い状態に保つためにはおいしいものが良いということになるのですが、これは、子供でも肥満の子供などがいい例なのかもしれません。

肥満の子の場合には、IGF-1が高いということが多く単に肥満というだけでなく身長も同年代の子よりも高いということがあります。

おいしいものというとどんなものなのかよくわかりませんが、たんぱく質とカロリーが重要な役割を果たしてくるということが言われています。

食事のバランスはとても大事なことになりますが、何よりもしっかり食べることができる方が身長も伸びるということですね。

大人でも成長ホルモンを良い状態にするためにはタンパク質を摂りカロリーも重要となってきますから、その辺も考えたほうがよいでしょう。

606bf85a0704d02a6d8aa50483d91c3f_s

身長を伸ばすなら体を動かそう!

身長を伸ばす方法として体操などもありますが、運動するということがとても大事なことになってきます。

運動することでお腹もすいてしっかり食べることができるようになりますし、睡眠ということでも熟睡しやすくなります。

ただし、体操などの場合には、逆にエネルギーを消費しすぎてしまって食べても栄養が不足してしまうこともあるので気をつけたほうがよいでしょう。

しっかり体を動かすことは大事なことになるのですが、食事量が減少してしまうような過激な運動や体重が減少するようなことは身長を伸ばすためには避けたほうがよいでしょう。

体重が増減しないように体を動かしきちんと食事を摂るような運動を行うようにしましょう。特に子供の頃には運動するということは、とても重要なことになってきます。

成長ホルモンがもっとも分泌される成長期にはとくに運動、食事、睡眠に気をつけるようにしましょう。

記事一覧

▲ページトップに戻る