身長が伸びる方法って?

身長が伸びる方法なんてあるの?

身長がもう少し高ければと考える人は、とても多いですね。とある研究では、男性は身長が高い方が年収も高く女性にモテるといった研究結果まで発表されていますから、憧れだけでなく身長を伸ばすことを考えるのも当然なのかもしれませんね。

でも身長は伸ばしたいけど、両親の身長が高くないから無理だろうと諦めている人もいるのではないでしょうか?

確かに身長は遺伝に影響される部分もありますが実は要因としては25~30%程度と言われています。つまりそれ以外の要因、例えば生活習慣などが大きく関係しているということです。

両親の身長が低いからといっても自分も無理だと諦めてしまう必要はないということですね。

身長を伸ばす方法はいくつかありますが、どの方法が良いのかということは人それぞれ合うものというものは違ってきますからはっきりと断言することはできません。

まずは身長を伸ばす方法の基本となることを理解しておきましょう。


身長を伸ばすには、どうしたらいいの?

身長を伸ばすために関係してくるのが、軟骨細胞と肥大軟骨細胞です。

実は骨が伸びるとき骨そのものが伸びるのではなく、まず軟骨が先に大きくなり、その軟骨が硬化して骨になっていくのです。

ですから軟骨細胞を活性させるかという部分が身長の伸びに大きく関わってくるというわけですね。

この軟骨細胞の増殖は、成長ホルモンであるIGF-1が関係してきます。

この成長ホルモンを活性化するために必要となってくるのが睡眠なのです。

子供に「早く寝なさい」なんてことを言うのは、大きくなるためには理にかなっていたわけです。そして深い睡眠をとっているときに成長ホルモンが分泌されるため、しっかりとした睡眠は、子供が成長するためにも重要な時間となるのです。

親子でおねんね

睡眠は身長を伸ばす方法の中でも重要ですが、早く寝るようにすることはあまり意味がありません。

もちろん小さなお子さんであれば、早く寝るに越したことはありませんが、小学校高学年以降では、それよりも重要となってくるのが決まった時間に深い眠りについているかです。

成長ホルモンは夜11から翌日2時の間(ゴールデンタイム)に分泌されると言われており、このゴールデンタイムに深い睡眠をとるようにすることが大事なポイントとなってきます。

なお睡眠は、身長を伸ばすだけでなく脳の成長にも係わる重要なものです。中学生でも7時間は睡眠をとったほうが良いと言われていますからきちんと睡眠をとるようにしましょう。

身長を伸ばすなら、おいしいものを食べる!

身長を伸ばす方法の中でも重要度が高く、身長が伸びるのに係わってくるのが先ほども述べたIGF-1という成長因子です。

IGF-1は成長ホルモンに影響を受けるため、成長ホルモンが良い状態にあればIGF-1も増え、身長を伸ばすことができるということになります。

成長ホルモンを良い状態に保つためにも、おいしいものを食べさせるのが秘訣です。

「えっ、そんなことなの?」と思うかもしれませんね。

これは肥満の子供などが、いい例です。肥満の子の場合、IGF-1が高いことが多く、単に肥満というだけでなく身長も同年代の子よりも高いものです。

要はしっかり食べるということなのですが、美味しいものなら子供もしっかり食べてくれるので、「美味しいものを食べさせましょう」と言っているのです。

食事の風景

栄養学的には、「たんぱく質」と「カロリー」が重要な役割を果たしています。ただだからと言って、身長だけに目を向けた偏った食生活はおすすめできません。

何よりも大切なのは食事のバランスであり、バランスが取れている前提で、しっかり食べさせること、これが身長を伸ばすための食事面での秘訣というわけです。

なお大人でも成長ホルモンの分泌を良くするためには、タンパク質とカロリーが重要です。

基本的には、普段の食事でバランスが取れていればOKです。その上でプラスアルファとして、サプリメントを併用するのはぜんぜん構いません。問題は、食事のバランスが取れていないのに、サプリで何とかしようとすることです。

最後にサプリを1つだけご紹介しておきます。背が伸びる系のサプリも数多く出ていて、正直どれがよいのか迷うと思います。

何か1つの栄養素がガツンと入っているものではなく、ある程度バランスが取れたものをおすすめします。その点、以下のフィジカルBは栄養素のバランスがいいので、おすすめですよ。

フィジカルB
https://physical-b.jp/

たんぱく質を形成するのに欠かせないアミノ酸が豊富なのも◎です。

身長を伸ばすなら体を動かそう!

身長を伸ばす方法として重要になる要素として、「食事」の次に大切になるのが「運動」です。

よく言われることではあるのですが、「運動」も必須の要件です。

運動をすることで、先ほども述べた軟骨細胞が刺激を受け、身長が伸びやすくなるのです。

運動会の様子

さらに運動することでお腹も空いてしっかり食べることができるようになり、睡眠も熟睡しやすくなります。このように一石三鳥なのが「運動」なのです。

ただし激しい運動は、逆にエネルギーを消費し過ぎてしまって食べても栄養が不足してしまうこともあるので気をつけてください。

体を動かすことは大事ですが、食事量が減少してしまうほど過激な運動や体重が減少するようなことは、身長を伸ばすためには避けたほうがよいでしょう。

身長を伸ばしたいなら食事、睡眠、そして運動

身長を伸ばすために重要なのが「成長ホルモン」であることは述べたとおりです。

そして成長ホルモンの分泌を促すために必要になってくるのが、食事と睡眠、そして刺激としての運動です。

この3つに気を配って生活を送ることで、お子さんの身長を伸ばす可能性を高めることができるのです。

記事一覧

身長は大人になっても伸びる?

身長が伸びたいと願うのは子供だけではないですよね、大人だってもう少し身長があったらと考える人は、とても多いですよね。 でも、大人になると身長は伸びるどころか縮んでいくということもあります。 大人の場合には身長を伸ばすこと […]

この記事を読む

▲ページトップに戻る